読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

最初に「いい思い」させて金集め…「怪しいがもうかる」とのめり込み、14枚のカード作成

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 農園経営会社「西山ファーム」(岡山県赤磐市)の幹部社員らが詐欺容疑で逮捕された事件。同社はクレジットカードで商品を購入する顧客に2016年4月以降、500万円の「保証金」を預けなければ、返金時に上乗せする利率を3%から1・5%に下げると通告し、金を集め続けていた。

愛知県警察本部
愛知県警察本部

 顧客も利益を維持するため求めに応じ、同社は「500万円が無理でも、保証金の額に応じて利率を変える」などとも持ちかけていたという。捜査関係者は「最初に良い思いをさせて客を集め、一気に大きな金を得ようとする巧妙な手口だ」と話す。

 愛知県あま市の男性(35)は16年10月から、知人に誘われて商品の購入を始めた。多い月には数百万円分を購入。当初は説明通り、購入代金を超える金額が口座に振り込まれた。

 「怪しいがもうかる」とのめり込み、カード決済できる金額を増やすため審査に時間がかからないものなど、14枚のカードを作り、保証金300万円も預けた。

 だが、18年秋頃から振り込みが遅れ始め、19年1月には止まった。保証金は戻ったが、カード会社への約1100万円の支払いは残った。返済のため、本業の合間にアルバイトもしたという男性は「思い返せば不審点はいくつもあった。安易に信じ、妻にも迷惑をかけた」とうなだれた。

販売預託商法、原則禁止に

 西山ファームの詐欺事件では、20~30歳代の若い世代を中心に被害が広がった。「元本保証で絶対にもうかる」。SNSなどを通じて友人らにそう誘われ、ごく普通の会社員が複数のクレジットカードで数百万円に上る決済を繰り返していた。多額の債務を抱え、自己破産した人もいるという。

 顧客に説明していた「商品を買い戻して、海外で転売する」という取引自体が虚偽で、実態は自転車操業だったとみられ、被害者の民事訴訟を担当する正木健司弁護士は「破綻必至であることを隠して勧誘する悪質行為だ」と批判する。

 販売した商品や権利を預かって運用する「販売預託商法」は、過去にも多くの消費者トラブルを生んできた。消費者庁によると、その被害は、1980年代以降、計1兆円を超え、同商法による勧誘や契約を原則禁止する預託法が今年6月、国会で可決された。

 被害者の中には10枚以上のクレジットカードを所持する顧客もいた。同様の被害を防ぐためカード会社にも発行時の審査の厳格化が求められるだろう。何よりうまい話には飛びつかず、冷静に判断することが肝要だ。(岡花拓也)

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2450479 0 社会 2021/10/18 07:19:00 2021/10/18 08:30:31 2021/10/18 08:30:31 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/10/20211018-OYT1I50016-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)