読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

AI悪用、わいせつ動画2600本をモザイクなしに見えるよう加工し販売…自称クリエイター逮捕

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 人工知能(AI)技術を悪用し、モザイクなしに見えるように加工したわいせつな動画をインターネット上に公開したとして、京都府警は18日、兵庫県高砂市、自称画像クリエイターの男(43)を著作権法違反(翻案権侵害)と、わいせつ電磁的記録記録媒体陳列の両容疑で逮捕した。捜査関係者への取材でわかった。

京都府警察本部
京都府警察本部

 捜査関係者によると、男は1月9日、市販されているアダルト動画の女性の下半身に施されたモザイクがないように見える動画を作成、アダルト動画の製作会社の著作権を侵害し、自ら開設したサイト上で公開した疑い。容疑を認めているという。

 男は、自ら学習を繰り返す「敵対的生成ネットワーク」(GAN)と呼ばれるAI技術を応用し、自宅のパソコンで、動画のモザイク部分が実際の女性の下半身に見えるように加工。自身のサイトで「モザイクを無くしてクリアな動画を楽しみましょう!」などと宣伝していた。

 昨年12月~今年8月、約200人に計約2600本の動画を販売していたという。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2451600 0 社会 2021/10/18 13:15:00 2021/10/18 13:15:00 2021/10/18 13:15:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/10/20211018-OYT1I50053-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)