スキーバス15人死亡事故、21日に初公判…安全管理や予見可能性が争点に

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 2016年1月に起きた長野県軽井沢町のスキーツアーバス事故で、業務上過失致死傷罪で在宅起訴されたバス運行会社「イーエスピー」(東京都羽村市)の社長高橋美作被告(60)、運行管理者だった荒井強被告(53)の初公判が21日、長野地裁で行われる。バスの運転手は事故で死亡しており、公判では同社の安全管理体制や、両被告が事故を予見できたかどうかが争点となる見通しだ。

崖下に転落したバス(2016年1月15日、長野県軽井沢町で)=読売ヘリから
崖下に転落したバス(2016年1月15日、長野県軽井沢町で)=読売ヘリから

 起訴状などでは、荒井被告は死亡した男性運転手(当時65歳)から事故前月の採用面接時、「大型バスの運転に不安がある」と聞いていたのに技量を把握せず、高橋被告は荒井被告から報告を受けながら、適切な指導や監督を怠ったとされる。この結果、男性運転手が事故を起こし、乗客13人と交代要員の運転手を死亡させ、乗客26人に重軽傷を負わせたなどとしている。

1

2

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2453459 0 社会 2021/10/19 05:00:00 2021/10/19 06:50:52 2021/10/19 06:50:52 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/10/20211018-OYT1I50181-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)