「モザイク破壊」ネット上で横行…不鮮明な画像を鮮明化する技術「敵対的生成ネットワーク」使用

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 人工知能(AI)技術を悪用し、モザイクなしに見えるように加工したわいせつな動画をインターネット上に公開したとして、京都府警は18日、兵庫県高砂市、自称画像クリエイターの男(43)を著作権法違反と、わいせつ電磁的記録記録媒体陳列の両容疑で逮捕した。昨年末から、自身のサイトなどで約1万2000本を販売し、約1100万円を売り上げていたという。

京都府警察本部
京都府警察本部

 発表では、男は1月9日、アダルト動画のモザイクがないように見える動画を作成、アダルト動画の製作会社の著作権を侵害し、サイト上で公開した疑い。容疑を認めているという。

 男は、「敵対的生成ネットワーク」(GAN)と呼ばれるAI技術で不鮮明な画像の一部分を鮮明にするソフトを使用。「モザイクを無くしてクリアな動画を楽しみましょう」などと宣伝していた。

 こうした行為は「モザイク破壊」と呼ばれ、ネット上で横行している。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2453894 0 社会 2021/10/19 10:20:00 2021/10/19 10:20:00 2021/10/19 10:20:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/10/20211019-OYT1I50034-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)