読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

河井克行・元法相が控訴取り下げ意向…懲役3年の実刑判決が確定へ

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 2019年7月の参院選を巡る大規模買収事件で公職選挙法違反(買収など)に問われ、6月に1審・東京地裁で懲役3年、追徴金130万円の実刑判決を受けた河井克行・元法相(58)が控訴を取り下げる意向を示していることが関係者の話でわかった。

 1審判決によると、克行被告は19年3~8月、広島選挙区の自民党公認候補だった妻・案里元被告(48)(有罪確定)を当選させるため、票の取りまとめなどの報酬として地元政治家ら計100人(いずれも不起訴)に計約2870万円を提供した。

河井克行・元法相(2020年撮影)
河井克行・元法相(2020年撮影)

 被告側は当初、買収目的を否定して無罪を主張したが、3月に行われた被告人質問で一転して起訴事実の大半を認め、衆院議員を辞職。しょく罪寄付したことも踏まえて執行猶予を付けるよう求めたが、地裁は実刑が相当だと結論づけた。

 克行被告は1審判決後、東京・小菅の東京拘置所に収容されている。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2454346 0 社会 2021/10/19 13:07:00 2021/10/19 16:00:12 2021/10/19 16:00:12 取材に応じる自民党の河井克行前法相。東京都港区で。2020年1月15日撮影。逮捕された河井克行衆議院議員。河井案里・参院議員(広島選挙区、自民党を離党)が初当選した2019年7月の参院選を巡り、票の取りまとめなどを依頼する趣旨で地元議員らに計約2570万円を提供したとして、東京地検特捜部は2020年6月18日、夫で衆院議員の河井克行・前法相(広島3区、同)と案里容疑者を公職選挙法違反(買収)容疑で逮捕した。2020年6月25日読売KODOMO新聞掲載。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/10/20211019-OYT1I50058-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)