読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

レターパックで覚醒剤発送、全国に顧客200人…SNS使って密売し2300万円得ていたか

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 SNSを使い覚醒剤などを密売したとして、岡山県警岡山西署などは20日、松山市久万ノ台の会社員井上貴志被告(47)(覚醒剤取締法違反などで起訴)を麻薬特例法違反(業としての譲渡)などの容疑で逮捕、送検し、捜査を終えたと発表した。

押収した覚醒剤やスマートフォンなど(岡山県警提供)
押収した覚醒剤やスマートフォンなど(岡山県警提供)

 井上被告はレターパックを使い覚醒剤などを発送していたとされ、県警はスマートフォンの記録などから全国に200人程度の顧客がおり、少なくとも2300万円を得ていたとみている。

 発表によると、井上被告は昨年7月23日~今年4月21日、48回にわたり覚醒剤計約53グラム、大麻計約168グラムなどの違法薬物を約208万円で密売した疑い。井上被告は密売について黙秘している。

 昨年8月、覚醒剤取締法違反容疑で岡山市内の無職男を逮捕し、覚醒剤の入手先を捜査する過程で、違法薬物を密売しているSNSがあることがわかり、愛媛県警と合同で捜査していた。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2465657 0 社会 2021/10/23 19:56:00 2021/10/23 22:03:22 2021/10/23 22:03:22 覚醒剤などを密売していた男を逮捕。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/10/20211021-OYT1I50008-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)