読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

周辺住民「悪臭に耐えられない」、県代執行の産廃から茶褐色の液体漏れる

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 山梨県北杜市須玉町の2か所に放置され、県の行政代執行でセメント材によって固定された産業廃棄物から悪臭が発生し、県が調査していることがわかった。放置時には人体に有害な高濃度の硫化水素が検出されており、周辺住民が再び不安を募らせている。長崎知事は21日、現地を視察し、産廃自体の撤去を検討する考えを示した。

県がセメント材で固定した産廃を視察する長崎知事(左から2人目)(21日、北杜市須玉町東向で)
県がセメント材で固定した産廃を視察する長崎知事(左から2人目)(21日、北杜市須玉町東向で)

 県によると、固定された産廃は東向地区の縦81メートル、幅46メートル、高さ8・5メートルと、大蔵地区の縦110メートル、幅25メートル、高さ5・4メートル。セメント材を交ぜて固めることで硫化水素の発生を抑え、表面にモルタルが吹き付けられている。

 放置されたのは、市内の業者らが野積みした汚泥や廃石こうボード粉など約2万立方メートル。致死量を超える最大13万ppmの硫化水素が発生したものの、業者らが撤去命令に応じなかったため、県が2018年10月、行政代執行に着手した。総事業費は約7億5000万円。

 県は代執行以降、硫化水素など有毒物質は確認されていないとしている。ただ、モルタルの表面から茶褐色の液体が漏れており、今年に入り、「悪臭に耐えられない」などと、周辺住民から県や市に苦情が寄せられている。県は8~9月、周辺で臭気や水を採取し、分析を進めている。

 周辺の住民男性によると、今年5月頃に近くで悪臭が漂い、7月には北方向に約1・5キロ離れた自宅にまで広がってきたという。男性は「苦痛を感じる臭いがする。健康や米作りに影響はないのか」と心配している。

 長崎知事は21日の視察後、読売新聞の取材に「硫化水素が発生しないよう対策は講じているが、臭いがひどく、環境面で問題がある。産廃は本来、この場所にあるべきではない。撤去することも選択肢に対応を検討したい」と述べた。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2463732 0 社会 2021/10/22 05:00:00 2021/10/22 19:11:02 2021/10/22 19:11:02 県が代執行で安全対策を講じた産業廃棄物の塊を視察する知事(左から2人目)(北杜市須玉町東向で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/10/20211021-OYT1I50105-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)