パトカー警護のレッカー移送車、不審車3台で襲撃…「荷物」奪った大胆な手口とは

 21日午後10時30分頃、大阪市阿倍野区の大阪府道で、府警東成署が窃盗事件で押収した乗用車をレッカー車で搬送中、不審な車3台の襲撃を受け、乗用車内から荷物を奪われた。不審な車は周辺の車両に衝突を繰り返すなどして逃走したが、けが人はいなかった。レッカー車はパトカーと捜査車両に警護されていた。府警は強盗容疑で捜査している。

 発表では、同署は21日午後に同市東成区で起きた車上荒らし事件に関与したとみられる乗用車を阿倍野区内で発見。レッカー車で同署に運ぶ途中で、パトカーと捜査車両が前後を守る形で走っていたところ、白い車がパトカーとレッカー車の間に割り込もうとし、レッカー車などは減速した。

大阪府警本部

 白い車は走り去ったが、別の白い車がレッカー車と並走。助手席から降りてきた人物が乗用車のドアを開け、車内からかばんのような物を奪い、助手席に戻った。レッカー車が別の白い車の逃走を防ごうと、車線を変えて立ちふさがったため、運転席と助手席にいた2人が車を乗り捨て、徒歩で逃げたという。

 さらに、レッカー車の車列の後方にも仲間とみられる赤い車があり、応援で現場に駆けつけた捜査車両や一般車両に衝突して逃げた。

 府警では、証拠品の乗用車を移送する際には、警察車両が同行するなどの対応を取っており、同署は「証拠品の取り扱いに問題はなかった」としている。

無断転載・複製を禁じます
社会
ページTOP