読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

旧大口病院の連続中毒死、元看護師に死刑求刑…遺族「久保木さんの保身のために死んだ」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 横浜市神奈川区の旧大口病院で5年前、高齢の入院患者3人の点滴に消毒液を混ぜて中毒死させたとして、殺人罪などに問われた元看護師・久保木愛弓被告(34)の裁判員裁判の公判が22日、横浜地裁(家令和典裁判長)であり、検察側は死刑を求刑した。

久保木愛弓被告
久保木愛弓被告

 論告で検察側は、争点となった久保木被告の責任能力について「完全にあった」とした上で、「患者を守る立場でありながら、約5日間で3人を殺害した。生命を軽視する姿勢は顕著だ」などと主張した。午後には弁護側が最終弁論を行い、結審する予定。判決は11月9日に言い渡される。

 起訴状では、久保木被告は2016年9月15~19日、勤務していた旧大口病院で、入院患者の興津朝江さん(当時78歳)、西川惣蔵さん(当時88歳)、八巻信雄さん(当時88歳)の点滴に消毒液「ヂアミトール」を混入させ、中毒死させたとしている。

 さらに同18~19日、ナースステーションで保管されていた70~80歳代の男女4人に投与予定だった点滴と、もう1人分の点滴の計5袋に消毒液を入れたとして、殺人予備罪でも起訴されている。

 初公判で起訴事実を認めた久保木被告はこれまでの審理で、事件の約5か月前に、患者の家族から「ここの看護師に殺された」と同僚とともに罵倒されたことがあり、責められることを強く恐れるようになったと説明。自分の勤務時間外に患者が死亡するように、点滴への消毒液混入を始めたと供述した。

 この日は検察側の論告に先立ち、中毒死した3人の遺族の意見陳述が行われた。

 八巻さんの長男・信行さん(61)は「父が死に至るまでの経過や様子を知り、胸を押しつぶされる思い」と審理を振り返り、「看護師という人の命を預かり、支える職に就く人の手によって命を奪われるなんて、絶対に許せない」と声を詰まらせた。

 西川さんの娘は「ただ静かに最期を迎えるはずだったのに、私が大口病院を選んだ。今でも申し訳ない気持ちでいっぱい。極刑以外、考えられない」と涙ながらに語った。

 興津さんの姉は代理人弁護士を通じて、「裁判を見るまで死ねないと思ってここまで来ました。久保木さんの保身のために朝江は死んだんですね。5年過ぎた今でも悔しくて悲しくて、たまりません」と訴えた。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2462619 0 社会 2021/10/22 12:26:00 2021/10/22 13:02:02 2021/10/22 13:02:02 横浜市神奈川区の大口病院(横浜はじめ病院に名称変更)で2016年9月、入院中の男性2人が中毒死した事件で、神奈川県警は7日、うち1人の点滴に消毒液を混入して殺害したとして、当時勤務していた看護師で無職久保木愛弓容疑者(横浜市鶴見区上末吉)を殺人容疑で逮捕した。2016年9月30日撮影。2018年7月8日朝刊掲載。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/10/20211022-OYT1I50052-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)