10~20代の5人組窃盗団、出店荒らしなど繰り返す…被害66件

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 出店荒らしなどを繰り返したとして、山梨県警は20日、中央市の会社員の男(21)、甲斐市の土木作業員の男(20)の両被告(窃盗罪などで公判中)と県内の16~19歳の少年3人を窃盗などの容疑で甲府地検に追送検し、捜査を終結したと発表した。被害は、未遂に終わった事件も含めて、10市町や静岡県で計66件、総額約410万円に上る。

山梨県警察本部
山梨県警察本部

 発表によると、会社員の男らは今年2~4月、甲府市の飲食店や市川三郷町の民家などで窃盗を繰り返し、現金や貴金属、自動車などを盗んだ疑い。調べに対し、5人とも容疑を認めているという。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2466535 0 社会 2021/10/24 08:13:00 2021/10/24 08:13:00 2021/10/24 08:13:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/10/20211022-OYT1I50105-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)