読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

山手線内回り池袋―大崎、24日終電まで運休…振り替え輸送で混雑も

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 JR渋谷駅の改良工事に伴う山手線内回りの池袋―大崎間の運休と他区間の減便が23日、始まった。24日の終電まで。午前中は目立った混乱はなかったが、一部の振り替え輸送で混雑もみられた。

 内回りは大崎―東京―池袋だけの運行で、本数を7割程度減らし、日中は約10分に1本間隔となる。外回りも大崎―池袋間で4割程度減便する。東京メトロや私鉄各社が振り替え輸送を実施している。

JR渋谷駅で進む山手線内回りの線路切り替え工事。左の埼京線ホームからは工事風景を見つめる人たちの姿もあった(23日午前)=大石健登撮影
JR渋谷駅で進む山手線内回りの線路切り替え工事。左の埼京線ホームからは工事風景を見つめる人たちの姿もあった(23日午前)=大石健登撮影

 JR新宿駅の南口改札にいた千葉県野田市の女子中学生(14)は、地下鉄が振り替え輸送で混雑しているため、一緒に買い物をする予定の友人が待ち合わせ時間に遅刻しているという。「もう40分以上も待っているけど……」とあきらめ顔だった。

 23日から始まった渋谷駅の工事では、山手線内回りのホームを最大約5メートル広くする。渋谷駅は2015年から改良工事が始まり、27年度に完成を予定する。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2464900 0 社会 2021/10/23 11:09:00 2021/10/23 13:18:34 2021/10/23 13:18:34 内回りホーム拡張に伴い、線路切り替え工事が進む山手線・渋谷駅。作業員が内回りの線路を移動させ、新たな線路へつなげる作業を行っている。埼京線ホームからは工事風景を見つめる人たちの姿もあった(23日午前10時37分、東京都渋谷区で)=大石健登撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/10/20211023-OYT1I50057-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)