読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

冬の使者ハクチョウ、昨季より3日早い訪れ

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 栃木県真岡市田島の五行川で24日、今季初のハクチョウの飛来が確認された。昨季より3日早いという。

長旅の末、五行川に飛来した2羽のオオハクチョウ(24日、栃木県真岡市田島で)
長旅の末、五行川に飛来した2羽のオオハクチョウ(24日、栃木県真岡市田島で)

 五行川で観察を続ける同市下籠谷の佐藤治男さん(70)が同日午前7時15分頃、オオハクチョウ2羽を確認した。佐藤さんは「川岸に行くと、1羽が近づいてきた。間違いなく昨季にも来ていたハクチョウです」とシーズンの到来を喜んでいた。

 五行川でハクチョウの飛来が確認されたのは14年前。佐藤さんによると、飛来数は増加傾向で、昨季はコハクチョウを含め約220羽が飛来したという。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2468064 0 社会 2021/10/25 10:02:00 2021/10/25 10:02:00 2021/10/25 10:02:00 長旅の末、五行川に飛来した2羽のオオハクチョウ(10月24日午後3時10分、真岡市田島で)=小堀日出春撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/10/20211024-OYT1I50078-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)