読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

品川駅周辺の再開発、解体前に巨大な「アリガトウ」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 品川駅(東京都港区)周辺の再開発のため、3月末に閉館した30階建て複合ビル「SHINAGAWA GOOS(シナガワグース)」に、解体工事を前に巨大な「アリガトウ」の文字が表示されている。29日まで見ることができる。

窓を使い「アリガトウ」と描かれたシナガワグース(22日、東京都港区で)
窓を使い「アリガトウ」と描かれたシナガワグース(22日、東京都港区で)

 駅西口の前に立つビルは、360万枚の有田焼の白タイルをはめ込んだ壁が特徴で、1971年に「ホテルパシフィック東京」として開業し、羽田空港からの観光客に利用された。2011年4月にシナガワグースに改装した後は、ビジネスホテルや飲食店が入った。

 品川のランドマークとして親しまれてきたが、建設から半世紀となり老朽化が進み、再開発を機に閉館、解体が決まった。

 外壁の解体工事は11月から始まる。窓の文字は、管理する京浜急行電鉄が、長い間ビルを見守ってくれた地元に感謝を示そうと企画した。22日に同社社員ら約20人が縦1メートル60、横2メートルのピンク色の紙を窓に手分けして貼り、完成させた。

 約2万5000平方メートルの跡地については、京急とトヨタ自動車が27年までに、大規模な国際会議場やホテルが入る複合施設を整備する計画だ。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2467876 0 社会 2021/10/25 06:53:00 2021/10/25 06:53:00 2021/10/25 06:53:00 窓を使い「アリガトウ」が描かれたシナガワグース(22日、港区で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/10/20211024-OYT1I50091-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)