読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

【独自】日大元理事ら再逮捕へ…機器調達で不要な手数料2億円支出か

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 日本大学付属病院の建て替え計画を巡り、背任容疑で逮捕された元日大理事の井ノ口忠男容疑者(64)が、日大が医療機器をメーカーから調達する際、大阪市の医療法人前理事長・籔本雅巳容疑者(61)側の会社を複数介在させ、日大に費用を過大に支払わせた疑いのあることが関係者の話でわかった。日大の損害は2億円前後に上るとみられ、東京地検特捜部は近く両容疑者を背任容疑で再逮捕する方針。

 関係者によると、井ノ口容疑者は、日大の100%出資の関連会社「日本大学事業部」(東京都世田谷区)の取締役を務めていた2019年12月以降、日大が付属病院で使う画像診断機や電子カルテシステムといった医療機器を調達する際、メーカーなどの選定を主導するようになった。

 メーカーが日大に医療機器を納入するまでには、納入業者などを経由することになったが、井ノ口容疑者はその過程で籔本容疑者側の複数のコンサルタント会社を介在させ、手数料を支払わせることにしたという。

 しかし、籔本容疑者側のコンサル会社は医療機器の納入には事実上関与しておらず、日大に対して、本来は必要のない手数料計2億円前後を支払わせて損害を与えた疑いがもたれている。

1

2

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2467737 0 社会 2021/10/25 05:00:00 2021/10/25 05:13:52 2021/10/25 05:13:52 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/10/20211025-OYT1I50007-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)