読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

父親「しつけで体を揺さぶった」、1歳次男が意識不明…児相に「子どもの泣き声する」と通報も

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 同居の次男(1)に暴行を加えてけがを負わせたとして、警視庁大森署が、父親で東京都大田区の会社員(34)を傷害容疑で逮捕したことがわかった。次男は意識不明の重体。品川児童相談所が6月以降、家庭訪問を行うなどしていたといい、大森署が状況を調べている。

警視庁
警視庁

 大森署幹部によると、父親は23日午前8時半頃、自宅アパートで次男に暴行を加え、けがを負わせた疑い。逮捕は23日。

 「子どもの意識がない」との119番で駆けつけた救急隊が病院に搬送した。次男の体に目立った外傷はなかったという。調べに父親は容疑を認め、「子どもがぐずるので、しつけのために体を揺さぶった」と供述している。

 父親は妻と長男、次男との4人暮らし。品川児童相談所によると、近隣住民から「どなり声や子どもの泣き声がする」と通報があり、6~9月に家庭訪問を行った。虐待のリスクが軽減したと判断し、対応を終えていたという。

 同児相は「対応に問題はなかったと考えている」としている。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2469540 0 社会 2021/10/25 18:50:00 2021/10/25 19:51:21 2021/10/25 19:51:21 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/10/20211025-OYT1I50086-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)