読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「何度か注意しても聞かず」候補生に平手打ち、女性3等陸曹を停職に

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 女性自衛官候補生を平手打ちしたとして、陸上自衛隊神町駐屯地(山形県東根市)は25日、第6後方支援連隊に所属する女性3等陸曹(31)を同日付で停職5日の懲戒処分にしたと発表した。

 発表によると、3等陸曹は2020年3月~7月、宮城県多賀城市の多賀城駐屯地で、自衛官候補生を指導する臨時助教をしていた。同年6月11日、女性候補生に小銃の整備の仕方などを指導した際に、左の頬を1回平手打ちしたという。候補生にけがはなかった。

 3等陸曹は「何度か注意しても聞かず、態度に腹を立ててしまった。反省している」と話している。女性候補生には謝罪し、和解したという。

 同連隊長の萩野隆1等陸佐は「規範意識の向上を図り、再発防止に努める」とコメントした。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2473068 0 社会 2021/10/26 23:59:00 2021/10/26 23:59:00 2021/10/26 23:59:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)