読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

テロ対策の不備相次ぐ柏崎刈羽原発、規制委が本格的検査開始…1年程度かかる予定

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京電力柏崎刈羽原子力発電所(新潟県)でテロ対策の不備が相次いだ問題で、原子力規制委員会は26日、不備の原因や再発防止策などを確認するため、同原発で本格的な検査を始めた。

東京電力・柏崎刈羽原子力発電所(新潟県柏崎市で、読売機から)
東京電力・柏崎刈羽原子力発電所(新潟県柏崎市で、読売機から)

 検査は1年程度かかる予定で、東電が9月に規制委に提示した再発防止策の実効性を検証。〈1〉不備が東電の全社的な問題かどうか〈2〉コスト削減が不備に影響を与えたか――なども調査する。

 この日は、原子力規制庁の検査官5人が設備の状況を確認し、所員への聞き取りを行った。同庁の現地規制事務所の渡辺健一所長は「改善措置が本当に維持されているのか、つぶさに確認したい」と述べた。

 同原発では、所員が他人のIDカードで中央制御室に不正進入したほか、侵入検知設備の故障を長期間放置していたことが発覚。規制委が4月、東電に事実上の運転禁止命令を出し、同原発の再稼働ができない状況となっている。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2472177 0 社会 2021/10/26 19:32:00 2021/10/26 21:07:32 2021/10/26 21:07:32 東京電力・柏崎刈羽原子力発電所。新潟県柏崎市で。本社機から、2021年4月2日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/10/20211026-OYT1I50123-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)