読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

眞子さま「結婚できたことに安堵しております」…今後は渡米の準備へ

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

結婚の記者会見をする眞子さまと小室圭さん(26日午後、都内のホテルで)=代表撮影
結婚の記者会見をする眞子さまと小室圭さん(26日午後、都内のホテルで)=代表撮影

 秋篠宮家の長女 眞子まこ さま(30)は26日、大学時代の同級生の 小室圭こむろけい さん(30)と結婚し、皇室を離れられた。午後に小室さんとともに東京都千代田区のホテルで記者会見し、「結婚できたことに 安堵あんど しております」との気持ちを明かした。

 宮内庁によると、婚姻届は26日午前10時頃、同庁職員が自治体に提出し、受理された。この時点で結婚が成立。皇室典範の規定に基づき、眞子さまは皇籍を離脱し、民間人の「小室眞子さん」となった。関係者によると、提出先は渡米まで一時滞在するマンションがある渋谷区役所という。

 記者会見は、宮内記者会などが事前に提出した質問に口頭で答える形式で行われる予定だった。しかし、質問に「誤った情報」が含まれていることに恐怖心を覚え、「口頭で質問にお答えすることは不可能である」と判断。冒頭に発言し、質問には文書で回答した。

 会見で眞子さまは、皇族としての30年間を支えてくれた人々に「心から感謝申し上げます」と述べた。その上で結婚に批判的な世論を念頭に「ご迷惑をおかけすることになった方々に大変申し訳なく思っております」と話した。

 眞子さまは小室さんを「かけがえのない存在」とし、「結婚は自分たちの心を大切に守りながら生きていくために必要な選択でした」と語った。小室さんは「一度きりの人生を愛する人と共に過ごしたい」と応じた。

 眞子さまは、臆測に基づいて小室さんが批判されてきたことに「恐怖心を覚えるとともに、辛(つら)く、悲しい思いをいたしました」とした。臆測の例として、小室家の金銭トラブルへの対応方針や、米国に留学して海外に拠点を作ったことが小室さんの独断とされたことを挙げ、「私がお願いした方向で進めていただきました」と自身の希望だったことを明らかにした。

 小室さんは「元婚約者の方に解決金を受け取っていただきたい気持ちは変わっていません」と、引き続き解決に向けて話し合う考えを示した。

記者会見を終え、滞在先に入る眞子さまと小室圭さん(26日午後、東京都渋谷区で)=沼田光太郎撮影
記者会見を終え、滞在先に入る眞子さまと小室圭さん(26日午後、東京都渋谷区で)=沼田光太郎撮影

 小室夫妻は26日夜、滞在先の渋谷区内の短期滞在型マンションに入った。今後、小室さんの生活拠点のある米ニューヨークに渡る準備を進める見通しだ。

 2人は2017年9月に婚約が内定したが、18年2月に準備不足を理由に結婚を延期。結婚に批判的な国民感情を考慮し、婚約や結婚の儀式は全て行わず、眞子さまの意向を踏まえて皇室を離れる際の最大1億5250万円の一時金は支給されない。

 皇族女子の結婚は18年10月の高円宮家の三女、守谷 絢子あやこ さん(31)以来で、戦後9人目。眞子さまの結婚で、皇室の構成は天皇陛下と上皇さま、皇族方の計17人となった。

眞子さまと小室さんの記者会見のポイント (回答文書の内容を含む)
▽眞子さまは「結婚は自分たちの心を大切に守りながら生きていくために必要な選択」だと説明
▽眞子さまは「誤った情報」が含まれた質問に衝撃を受け、口頭で質問に答えるのは不可能と判断した
▽世論の批判を浴びた小室さんの金銭トラブルへの対応方針や、海外に拠点を作ることは眞子さまの意向だった
▽小室さんは、金銭トラブルは母親に代わって対応し、解決金を支払う意向を示した

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2472287 0 社会 2021/10/26 20:21:00 2021/10/26 22:16:43 2021/10/26 22:16:43  結婚し、記者会見をする小室圭さんと眞子さん=2021年10月26日午後2時1分、東京都内のホテル(代表撮影) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/10/20211026-OYT1I50126-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)