読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

眞子さま「2人で力を合わせて共に歩いていきたい」、感謝の言葉繰り返す

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 秋篠宮家の長女眞子さま(30)は26日、婚約内定から4年の歳月を経て小室圭さん(30)と結婚された。東京都内のホテルで臨んだ記者会見では、結婚に批判的な意見がある中でも、2人で乗り越えてきた道のりを明かし、支えてくれた人々に感謝の言葉を繰り返した。

記者会見に臨んだ眞子さまと小室圭さん(26日午後、都内のホテルで)=代表撮影
記者会見に臨んだ眞子さまと小室圭さん(26日午後、都内のホテルで)=代表撮影

 午後2時、ホテルの会見場に姿を見せた2人の左手薬指には、結婚指輪が光っていた。ひな壇に上がると互いに顔を合わせた後に正面を向き、声をそろえて「よろしくお願い申し上げます」とお辞儀した。

 眞子さまは会見で、「事実に基づかない情報」に惑わされず、2人を応援してくれた人に感謝を述べた。小室さんも「色々なことがありました」とし、眞子さまと一緒に人生を歩む気持ちを持ち続けられたのは、眞子さまと周囲の支えがあったと語った。

 眞子さまは時折、手元の紙に視線を落とし、小室家の金銭トラブルや複雑性PTSD(心的外傷後ストレス障害)による恐怖心に言及する際は少しこわばった表情を浮かべた。小室さんは一言一言はっきりした口調で話し、「私は眞子さんを愛しております」との言葉に力を込めた。体調が良くない眞子さまを気遣い、「できる限りのことをして支えていきたい」と語った。

 新たな生活について、眞子さまは回答文書の中で、「穏やかな気持ちで生活できることを期待しております」としつつも、自分や家族に対する 誹謗ひぼう 中傷がこれからも続くことを最大の不安に挙げた。

 眞子さまは「これから生きていくなかで、また違った形での困難があると思います」とした上で、「2人で力を合わせて共に歩いていきたい」と述べた。

 2人は、10分余りの記者会見を終えると、互いに顔を見合わせ、「ありがとうございました」と一礼し、会場を後にした。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2472879 0 社会 2021/10/26 22:50:00 2021/10/27 06:45:35 2021/10/27 06:45:35 【産経代表13 眞子さまご結婚】記者会見に臨まれる秋篠宮ご夫妻の長女、眞子さまと、小室圭さん=26日午後2時11分、東京都千代田区(代表撮影) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/10/20211026-OYT1I50180-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)