読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

リコール署名代筆、責任取らないこと条件に発注引き受け…元広告会社の社長「不安あった」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 愛知県の大村秀章知事のリコール(解職請求)運動を巡り、地方自治法違反(署名偽造)に問われた元広告関連会社社長・山口彬被告(38)の公判が26日、名古屋地裁(山田耕司裁判長)であり、被告人質問などが行われた。

名古屋地方裁判所
名古屋地方裁判所

 被告人質問で、山口被告は、「署名の代筆に不安があった」としながらも、自分たちは一切の責任を取らないことなどを条件に発注を引き受けたとした。

 また、署名活動団体事務局長の田中孝博被告(60)(公判中)から「(署名簿に)指印を押してほしい」と依頼を受けたが、拒絶したと述べた。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2474694 0 社会 2021/10/27 16:04:00 2021/10/27 16:04:00 2021/10/27 16:04:00 名古屋地方裁判所、名古屋高等裁判所。名古屋市中区で。2020年11月6日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/10/20211026-OYT1I50210-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)