読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

近大元教授、大阪府警からの司法解剖「検査料」詐取を否認…法医学教室詐欺事件

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 近畿大医学部法医学教室を巡る詐欺事件で、詐欺と有印私文書偽造・同行使の罪に問われた元教授・巽信二被告(67)の初公判が27日、大阪地裁であった。巽被告は、大阪府警から司法解剖の検査料約5100万円を詐取したとされる起訴事実について「無実です」と無罪を主張。大学から約3900万円をだまし取ったとする起訴事実は認めた。

大阪地方裁判所
大阪地方裁判所

 起訴状では、巽被告は、大阪市の医療機器販売会社元社員、藤戸栄司被告(53)らと共謀し、2015~21年、医療用品を購入したと装って、偽の領収書を大学に提出して、約3900万円を詐取。15~21年に、大阪府警から約5100万円をだまし取ったとされる。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2474419 0 社会 2021/10/27 14:58:00 2021/10/27 18:17:51 2021/10/27 18:17:51 大阪地方裁判所、大阪高等裁判所。大阪市北区で。2020年11月9日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/10/20211027-OYT1I50081-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)