読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

目指せ故郷、産卵控え大きくジャンプ

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 琵琶湖固有種のビワマスの 遡上そじょう が、滋賀県高島市の知内川で始まっている。産卵期を迎え、鮮やかなピンク色になったビワマスは、川のせきを大きくジャンプして上流へ向かう。

上流へ向かって川面を跳びはねるビワマス(滋賀県高島市で)=尾崎孝撮影
上流へ向かって川面を跳びはねるビワマス(滋賀県高島市で)=尾崎孝撮影

 ビワマスはこの時期、産卵のため琵琶湖から故郷の川に戻る。秋雨で増水した時に遡上することから、別名アメノウオとも言われる。県水産試験場によると、先週末の雨で、本格的な遡上が始まり、大きなもので体長は約60センチある。遡上は11月いっぱい見られるという。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2475077 0 社会 2021/10/27 15:00:00 2021/10/27 17:53:11 2021/10/27 17:53:11 上流へ向かって川面を跳びはねる鮮やかな婚姻色のビワマス(26日午後0時27分、滋賀県高島市で)=尾崎孝撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/10/20211027-OYT1I50102-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)