読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

海岸の「軽石」1日10トン撤去、次から次へと流れ着き漁に出られず漁師「いつまで続くのか」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 沖縄本島や鹿児島県の離島に大量の軽石が漂着し、漁業や船の運航などに影響が出ている。東に約1300キロ・メートル離れた小笠原諸島付近の海底火山「 福徳岡ノ場ふくとくおかのば 」が8月に噴火した影響とみられている。

海底火山の噴火による軽石が大量に漂着した辺土名漁港(27日午前、沖縄県国頭村で、読売機から)=鈴木毅彦撮影
海底火山の噴火による軽石が大量に漂着した辺土名漁港(27日午前、沖縄県国頭村で、読売機から)=鈴木毅彦撮影
海底火山の噴火による軽石が大量に漂着した辺土名漁港(27日午前、沖縄県国頭村で、読売機から)=鈴木毅彦撮影
海底火山の噴火による軽石が大量に漂着した辺土名漁港(27日午前、沖縄県国頭村で、読売機から)=鈴木毅彦撮影

 沖縄県によると、漂着は今月上旬に北大東島で始まり、本島全域で確認されている。 国頭くにがみ 村の 辺土名へんとな 漁港では、いけすで育てていたサバ科の「グルクマ」が約150匹死んだ。軽石をのみ込んだとみられる。地元漁協によると、1日約10トンを撤去しているが、次から次へと流れ着く状態だという。同村の漁師(24)は約1週間、漁に出られておらず、「いつまでこの状況が続くのか不安だ。県には早急な撤去をお願いしたい」と訴えた。

 軽石は黒潮にのって四国や本州の沿岸に接近する可能性があるという。海上保安庁は沖縄近海の船舶に注意を呼びかけている。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2475127 0 社会 2021/10/27 18:10:00 2021/10/28 08:09:12 2021/10/28 08:09:12 小笠原諸島の海底火山噴火の影響による軽石に覆われた辺土名漁港(27日午前11時4分、沖縄県国頭村で、本社機から)=鈴木毅彦撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/10/20211027-OYT1I50103-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)