読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

生活保護担当の職員、資料改ざんし85万円過大支給…「脅され強い苦手意識あった」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 高知市は27日、生活保護の支給に関わる事務で職員が資料を改ざんし、2世帯に計約85万円が過大に支給されたとして、当時の健康福祉部の主事を減給10分の1(2か月)の懲戒処分にした。

 発表によると、主事は昨年8月頃、2世帯それぞれへの前年の支給額を課税状況から確認する資料を作成する際、実際より課税額を少なくして資料を作成した。申告された収入と比べ課税額が多かったため、未申告の収入がないかを確認するなどの対応が必要だった。

高知市役所
高知市役所

 今年の同様の調査で改ざんが判明。市は該当世帯に返還を求める手続きを進めている。主事は「(この世帯の人に)脅されたり、高圧的な態度を取られたりして、強い苦手意識があった」と話しているという。

 また同日、公印2個の紛失について、昨年度、部局長への報告など適切な対応をしなかったとして、中央窓口センターの元所長を減給10分の1(2か月)、当時の担当職員を減給10分の1(1か月)の懲戒処分にした。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2477762 0 社会 2021/10/28 16:04:00 2021/10/28 19:07:22 2021/10/28 19:07:22 高知市役所。高知県高知市で。2020年11月29日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/10/20211027-OYT1I50127-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)