高2女子に覚醒剤注射、現金を渡してみだらな行為か

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 神奈川県警高津署などは26日、住所不定、自称無職の男(47)を覚醒剤取締法違反(使用)容疑で逮捕した。発表では10日頃、横浜市内で、高校2年の女子生徒(17)に対し、覚醒剤を注射して使用した疑い。「そんなことはない」と供述し、容疑を否認しているという。

神奈川県警本部
神奈川県警本部

 高津署幹部によると、男は複数回にわたって、女子生徒に現金を渡してみだらな行為をしていた疑いも持たれており、県警はその際に覚醒剤を使ったとみている。女子生徒も覚醒剤使用の容疑で12日に逮捕され、22日に家裁送致された。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2477392 0 社会 2021/10/28 14:27:00 2021/10/29 19:28:31 2021/10/29 19:28:31 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/10/20211028-OYT1I50020-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)