「海猿」人気いずこへ…海保大学校、志願者が8年前から半減

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 海上保安庁の幹部職員を養成する海上保安大学校(広島県呉市)の人気が低迷している。今年度の受験申込者数は368人で、8年前より半減した。日本周辺海域の緊迫化で海保の体制強化が求められており、関係者は危機感を募らせている。(越村格)

SNSで発信

遠洋航海実習で出港する海保大学校の練習船。学生たちは卒業後に乗り込む(6月8日、広島県呉市で)=海保提供
遠洋航海実習で出港する海保大学校の練習船。学生たちは卒業後に乗り込む(6月8日、広島県呉市で)=海保提供

 「溺れた人を引き上げる訓練をしました」「格好いい海上保安官を目指す」――。海保の採用専用のツイッターアカウントには、海上に浮かぶゴムボートに人を引きあげる写真などと一緒に、新人職員のメッセージが投稿されている。

 海保の採用担当が7月に始めた「ルーキー奮闘記」。新人の訓練や業務を紹介し、若者にPRするのが狙いで、今月までに6回掲載された。採用専用のツイッターも昨年7月に開設したもので、担当者は「ツイッターを見て採用説明会に来た学生も多く、手応えを感じている」と力を込める。

知名度不足

海保大学校の入学式。学生たちは幹部を目指し寮生活を送る(2018年4月、広島県呉市で)=海保提供
海保大学校の入学式。学生たちは幹部を目指し寮生活を送る(2018年4月、広島県呉市で)=海保提供

 海保が採用に力を入れ始めたのは、幹部人材の確保の先行きに不安があるからだ。海保には、一般の海上保安官を育てる海保学校(京都府舞鶴市)と、幹部を養成する海保大がある。海保学校の4月入校の受験申し込みは、年間3000人前後と横ばいが続く一方で、海保大は志望者が大幅に減っている。

1

2

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2477554 0 社会 2021/10/28 15:00:00 2021/10/28 15:24:46 2021/10/28 15:24:46 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/10/20211028-OYT1I50053-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)