読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「海猿」人気いずこへ…海保大学校、志願者が8年前から半減

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 海保大の受験申込者(本科)は、2013年度に最近10年間でピークの727人に達した後、減少に転じ、18年度から過去最低を毎年更新。今年度は前年度より72人少ない368人で、初めて400人を割った。定員(約60人)割れに陥る状況ではないが、大学志願者が約67万9000人(13年度)から66万5000人(20年度)の2%減だったことと比べると、落ち込み幅は大きいと言わざるを得ない状況だ。

 海保大では2000年代前半などに、海保の潜水士が活躍する漫画「 海猿うみざる 」などの影響で、受験者が増加したことがある。海保幹部は「海猿人気はもはや過去。若者の地元志向の強まりや、海保の知名度不足が減少の要因だろう。少子化を考えれば、先行きは不安で、競争率の低下が人材の質に影響することも懸念される」と話す。

残り:558文字/全文:1711文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)

1

2

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2477554 0 社会 2021/10/28 15:00:00 2021/10/28 15:24:46 2021/10/28 15:24:46 遠洋航海実習のため出港する海保大の学生たち。例年は3か月間で世界1周するが、コロナにより今年は約1か月間で太平洋を航海した(6月8日、広島県呉市で)=海上保安庁提供(広島県呉市で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/10/20211028-OYT1I50053-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)