読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

中庭に蜷川実花さんの作品…道後温泉がアートで染まる

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 道後温泉本館の後期保存修理工事中、温泉街をアートで盛り上げる松山市の活性化策「みんなの道後温泉 活性化プロジェクト」の作品が27日、公開され、別館 飛鳥あすか湯泉 の中庭約300平方メートルは色鮮やかな花の写真で覆われた。

花の写真が飾られた飛鳥乃湯泉中庭で舞を披露する芸妓(松山市で)
花の写真が飾られた飛鳥乃湯泉中庭で舞を披露する芸妓(松山市で)

 中庭は、写真家の蜷川実花さんが手がけた作品「ハダカヒロバ」となった。床や壁に花の写真約230点が飾られ、入浴客らが自由に出入りして撮影を楽しめる。27日には、作品の中で道後湯之町検番の 芸妓げいこ 2人が舞を披露した。

 家族と訪れた京都市山科区の会社員の女性(23)は「色々な花の写真があって圧倒された。お花畑に迷い込んだみたい」と話し、記念撮影していた。

 本館東側広場にある休憩所「 振鷺亭しんろてい 」には松山市在住のイラストレーター隅川雄二さんによる歴史絵巻、だまし絵など「道後温泉 五如ごしき 団子」を展示。周辺ではスマートフォンやタブレット端末を使って楽しめるAR(拡張現実)作品も公開されている。

 展示はいずれも2024年2月末まで。プロジェクトの総合ディレクター松田朋春さん(57)は「工事中だからこそ楽しめる作品が多く集まった。アフターコロナに向かって明るい雰囲気を味わってもらえればうれしい」と話した。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2477774 0 社会 2021/10/28 16:23:00 2021/10/28 16:38:12 2021/10/28 16:38:12 花の写真で中庭を彩った「ハダカヒロバ」で舞を披露する芸妓(松山市で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/10/20211028-OYT1I50062-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)