読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

中2女子凍死、市長「いじめあったと判断」…死との因果関係は第三者委調査を待つ考え

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 北海道旭川市の公園で今年3月、市内の中学2年広瀬 爽彩さあや さん(当時14歳)が凍死しているのが見つかった問題で、同市の今津寛介市長は28日、報道陣に「市長として、いじめがあったと総合的に判断した」と述べた。

今津寛介・旭川市長
今津寛介・旭川市長

 判断の根拠として、今津市長は過去の会議資料や市教育委員会の説明、広瀬さん本人のSNSの音声などを挙げた。同日の市議会で「いじめであると認識した」と答弁した。いじめと広瀬さんの死との因果関係については、市教委が設置した第三者委員会の調査結果を待つ考えを示した。

 市議会での答弁に先立ち、今津市長は第三者委の辻本純成委員長と面談し、いじめに関する自らの認識を伝えた上で、「いじめ(があった)との認識のもとで調査を進めてほしい」との意向を伝えたという。

 広瀬さんの問題については、市教委が今年5月、いじめの疑いがあるとして調査に着手した。今津市長は10月8日、「迅速な対応が必要だ」として市教委に調査の前倒しを要請し、市教委は第三者委に10月中と今年度内に、それぞれ中間報告と最終報告を取りまとめるよう要請した。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2478070 0 社会 2021/10/28 18:39:00 2021/10/28 23:59:22 2021/10/28 23:59:22 定例市議会の開会前、就任のあいさつを行う今津寛介市長(7日、旭川市で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/10/20211028-OYT1I50083-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)