ホームドアの手前で緊急停車、ドア開かず窓から避難…車掌は車内のパニック把握できず

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京都調布市を走行中の京王線の電車内で乗客1人が刺され、車内に放火された事件で、事件が起きた特急電車は、国領駅(調布市)で緊急停車したが、ドアが開かずに多くの乗客が窓から脱出した。車両から出火した上、刃物を持った容疑者が車内にとどまっており、脱出が遅れていれば被害が拡大した恐れもあった。

電車の窓から避難する乗客(10月31日、東京都調布市の京王線国領駅で)=乗客提供
電車の窓から避難する乗客(10月31日、東京都調布市の京王線国領駅で)=乗客提供

 国土交通省と京王電鉄によると、車内の異変を知らせる非常通報ボタンが押されたのは、電車が布田駅を通過中だった午後7時56分頃。運転士は同社の内規に基づき、次の国領駅で緊急停車させた。

 車両はホームの適正位置の1~2メートル手前で停車し、ドアとホームドアがずれた状態になった。一部の乗客らが窓を開け、ホームドアを乗り越えて車外に避難。車掌は、ドアやホームドアを動かせば避難中の乗客らがホームなどに転落する恐れがあると判断し、両方とも開けなかった。

 現場がパニック状態で、車内に防犯カメラもなかったことから、車掌は乗客が刺されたことや放火を把握できなかったという。

 国交省は9月、小田急線の事件を受け、防犯カメラ増設などの対策を鉄道各社に求めたばかりだった。同省は1日、鉄道各社に改めて駅や車内の警戒を徹底するよう指示。今回の事件で乗客の避難が適切に行われたかどうかについても、今後、検証を行う。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2488559 0 社会 2021/11/01 22:05:00 2021/11/02 00:19:32 2021/11/02 00:19:32 社会部宛て・ツイッター「しずくβ」 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/11/20211101-OYT1I50181-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)