甲府の民家全焼2遺体、少年を放火容疑で再逮捕へ…「ライター用オイルまいて火を付けた」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 甲府市の民家が全焼し、住人の会社員井上盛司さん(55)と、妻のパート従業員 章恵ふみえ さん(50)の遺体が見つかった事件で、山梨県警は2日にも、夫婦の次女に対する傷害容疑で逮捕した同市の少年(19)を、現住建造物等放火容疑で再逮捕する方針を固めた。

山梨県警察本部
山梨県警察本部

 捜査関係者によると、少年は10月12日未明、井上さん方の木造2階住宅に放火した疑いが持たれている。

 県警の調べに対し、少年は複数の刃物とライター用オイルを持って1階の窓から侵入し、夫婦を刺した後、オイルをまいて家に火を付けたと供述。現場からは油性反応が確認されている。

 司法解剖の結果、夫婦はいずれも刃物で刺されたことによる失血死と判明。遺体に複数の傷があったことなどから、県警は殺人容疑でも調べる。

 少年は、騒ぎを聞きつけて2階から下りてきた次女を刃物で襲い、頭にけがを負わせた傷害容疑で10月13日に逮捕された。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2488586 0 社会 2021/11/01 22:10:00 2021/11/01 22:10:00 2021/11/01 22:10:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/11/20211101-OYT1I50183-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)