【独自】人気洋菓子店で「やりがい搾取」、残業100時間超が常態化…超過分未払いも

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

「パティシエ次々辞める」

 「若いパティシエが使い捨てのように扱われ、次々辞めている」。従業員の一人が、読売新聞の取材に同社の労働実態を打ち明けた。

 同社の製造部門では「 LINEライン 」のグループチャットで、出退勤時刻を管理職と共有する仕組みだった。従業員のLINEの履歴によると、従業員は昨年のクリスマス前、午前4時頃から午後9時頃まで働くこともあった。3日しか休みがない月や、時間外労働が200時間を超える月もあり、月の時間外労働が300時間を超える人もいたという。

 従業員は「みんな疲弊していたが、会社は『嫌ならやめればいい』という雰囲気で、声を上げられなかった」と言い、心身の調子を崩して入社後数か月で退職する社員もいたという。

 従業員は「みんな小山さんに憧れて入社した。ボロボロになっていく姿を見るのはつらい」と訴えた。

1

2

3

4

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2491155 0 社会 2021/11/03 05:00:00 2021/11/03 15:01:02 2021/11/03 15:01:02 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/11/20211103-OYT1I50022-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)