20歳男、飲酒無免許で女性を死亡させ逃げる…事故後は18歳少女が運転交代

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 無免許の飲酒運転で高齢女性をひき逃げし、死亡させたとして、福井県警福井署などは4日、福井市の無職男(20)を自動車運転死傷行為処罰法違反(無免許過失運転致死)と道路交通法違反(酒気帯び運転、ひき逃げ)の疑いで逮捕した。

 発表では、男は3日午後5時15分頃、同市西河原町の県道で、酒気帯び状態で軽乗用車を無免許運転、歩いていた近くの無職田中ナミ子さん(82)をはねて死亡させ、そのまま逃げた疑い。

福井署
福井署

 軽乗用車は同日午後6時頃、池田町の町道で越前署のパトカーの追跡を受け、橋の欄干に衝突。運転していた坂井市の自称無職の少女(18)の呼気から基準値以上のアルコール分が検出され、同署が道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで現行犯逮捕した。

 無職の男も同乗しており、調べに対して「事故の後で運転を交代した」と田中さんをひき逃げしたことなどの容疑を認めた。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2495924 0 社会 2021/11/05 07:34:00 2021/11/05 07:34:00 2021/11/05 07:34:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/11/20211105-OYT1I50021-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)