「忘年会・新年会開きません」7割…「第6波」懸念、企業は宴会に慎重

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 今度の年末年始も忘年会・新年会は開かない――。東京商工リサーチ郡山支店のアンケート調査で、福島県内企業の約7割が忘年会や新年会を開催しないと答えた。新型コロナウイルスの感染者数は抑えられているが、「第6波」への懸念もあり、宴会を控える企業はいまも多いことがわかった。

北朝鮮がコロナ「終息宣言」か、10万人にPCR検査「感染者1人もいなかった」

 調査は10月1~11日、インターネットで行い、134社が回答した。緊急事態宣言やまん延防止等重点措置の有無にかかわらず開催しないと答えたのが95社(70・9%)で最も多かった。「緊急事態宣言の対象区域となっていなければ開催する」は3社(2・2%)、「まん延防止等重点措置の対象となっていなければ開催する」は35社(26・1%)だった。

 昨年11月に実施した調査では、約9割が忘年会や新年会を開催しないと回答していた。2割近く下がったものの、大半の企業が宴会の開催にはいまだに消極的なのが実情だ。同支店の担当者は「感染防止の意識が広がり、宴会を控える企業は依然として多い」と話している。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2501110 0 社会 2021/11/07 17:55:00 2021/11/07 22:43:10 2021/11/07 22:43:10

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)