水上バイク時速100キロで衝突し3人死亡、運転の男を書類送検…無免許で体内からアルコール検出

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 兵庫県の淡路島で9月、水上バイクが岸壁に衝突して男女3人が死亡した事故で、第5管区海上保安本部(神戸市)は5日、当時水上バイクを運転していた神戸市長田区の無職の男(当時28歳)を容疑者死亡のまま重過失致死と過失往来危険の疑いで神戸地検に書類送検した。

 発表によると、男は9月15日午後3時45分頃、淡路市岩屋の瀬戸内海で、無免許で水上バイクを運転。時速約100キロで航行して岸壁の消波ブロックに衝突させ、同乗していた友人の男性(同35歳)(神戸市兵庫区)と女性(同29歳)(同市長田区)を死亡させた疑い。

 5管は、男の遺体の胸に、水上バイクのハンドルと強くぶつかった痕がついていたことや目撃情報などから、男が運転していたと断定した。水上バイクは、免許を持っている友人の男性が知人から借りていた。

 司法解剖の結果、3人の死因はいずれも脳挫滅で、男の体内からはアルコール分が検出された。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2498802 0 社会 2021/11/06 09:01:00 2021/11/06 09:01:00 2021/11/06 09:01:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)