受け子役の主婦「闇バイトで1件5万円」…70代女性から2000万円詐取

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 高齢者から2000万円をだまし取ったとして、警視庁荒川署は7日、東京都町田市の主婦(37)を詐欺容疑で逮捕したと発表した。おおむね容疑を認め、「新型コロナの影響で派遣の仕事を辞め、生活が苦しかった。ネットの闇バイトに応募し、9月から1件5万円の報酬で10件以上やった」と供述している。

バイデン氏が2日連続で陰性、通常執務に復帰…再陽性による自主隔離終了
警視庁
警視庁

 発表によると、主婦は10月26日、仲間と共謀し、荒川区の70歳代の女性宅においを装って「会社の通帳が入ったカバンをなくし、金が必要」などと電話し、区内の公園で現金2000万円を詐取した疑い。

 主婦は、おいの会社の関係者にふんして女性から現金入りの袋を受け取っていた。調べに対し、「バイトの内容は『書類の受け渡し』と聞いていたが、袋の中身が現金だと気づいていた」と供述している。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2500811 0 社会 2021/11/07 13:43:00 2021/11/07 21:06:21 2021/11/07 21:06:21 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/11/20211107-OYT1I50060-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)