焼き肉店で高校生21人が食中毒症状、7人からノロウイルス検出…3組44人で食事

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 大阪府は7日、池田市の焼き肉店「じゅじゅ あん 石橋店」で高校生21人が下痢や 嘔吐おうと などの症状を訴え、このうち7人からノロウイルスを検出したと発表した。重症者はおらず、全員快方に向かっているという。

大阪府庁
大阪府庁

 池田保健所は、患者の発症状況が似ていることなどから、同店の食事が原因の集団食中毒と断定し、同店に7日から3日間の営業停止を命じた。

 発表によると、症状が出たのは、2日に同店で食事をした府内の高校生3組44人のうち、16~18歳の男女21人。ノロウイルスは7人のほか、調理従事者1人からも検出された。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2502089 0 社会 2021/11/08 07:47:00 2021/11/08 07:47:00 2021/11/08 07:47:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/11/20211107-OYT1I50140-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)