読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

サプリ飲むだけで「胸大きく」、SNSで「ステマ」指示…消費者庁が措置命令

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

消費者庁の入る中央合同庁舎4号館
消費者庁の入る中央合同庁舎4号館

 消費者庁は9日、SNSへの通常の投稿を装い、根拠なく豊胸効果をうたうサプリを宣伝していたとして、健康食品販売会社「アシスト」(東京)と通信販売会社「アクガレージ」(同)に対し、景品表示法違反(優良誤認)で再発防止を求める措置命令を出した。

 こうした宣伝手法は「ステルスマーケティング(ステマ)」と呼ばれ、近年、問題化。消費者庁がステマを虚偽表示と認定し、命令を出したのは初めて。

 消費者庁によると、両社は2018年3月以降、「ジュエルアップ」というサプリをサンプルで渡した女性たちに、商品と一緒に写った写真などをインスタグラムに投稿させた。その際、「バストアップ」「胸大きく」など特定のハッシュタグを付け、サンプル品だと明かさずに投稿するよう指示していた。

 消費者庁は、投稿内容を具体的に指示していることから、両社による表示だと判断した。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2507814 0 社会 2021/11/09 21:44:00 2021/11/09 22:29:22 2021/11/09 22:29:22 内閣法制局、消費者庁、復興庁。中央合同庁舎4号館。東京・千代田区霞が関で。2021年5月3日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/11/20211109-OYT1I50122-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)