道路に長さ10m・深さ7mの穴、乗用車転落で男女3人けが

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 11日午前3時15分頃、北海道三笠市本町の道道岩見沢桂沢線で、陥没した道路に乗用車が転落する事故があった。同市消防本部によると、車に乗っていた10~20歳代の男女計3人が砂川市の病院に搬送された。いずれもけがをしているが、命に別条はないという。

道路が陥没し、3人が負傷した現場(11日午前11時41分、三笠市で)=佐々木紀明撮影
道路が陥没し、3人が負傷した現場(11日午前11時41分、三笠市で)=佐々木紀明撮影

 岩見沢署や道維持管理防災課によると、現場は片側1車線の道路で、穴は長さ約10メートル、幅約5メートル、深さ約7メートル。午前11時現在、現場付近の約2・5キロが通行止めとなっている。同課などは陥没の原因究明を進め、復旧工事を急ぐ。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2512202 0 社会 2021/11/11 12:04:00 2021/11/11 12:26:12 2021/11/11 12:26:12 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/11/20211111-OYT1I50054-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)