JR上野駅近くの路上、車内に覚醒剤吸引用パイプ…自民の区議を緊急逮捕

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 覚醒剤を使用したとして、警視庁上野署が東京都北区滝野川、北区議の榎本一容疑者(53)を覚醒剤取締法違反(使用)容疑で緊急逮捕したことがわかった。逮捕は10日。

警視庁
警視庁

 上野署幹部によると、榎本容疑者は11月上旬、都内かその周辺で覚醒剤を使用した疑い。9日夜、JR上野駅近くの路上で、警察官が乗用車内にいた榎本容疑者を職務質問した際、助手席のバッグから吸引用のパイプが発見され、尿検査で陽性反応が出た。

 榎本容疑者は自民党所属で現在6期目。事件を受け、北区議会の自民党議員団の大沢敬幹事長は「逮捕されたことは承知しているが、それ以外のことは報道でしか把握していない。事実関係を確認した上で今後の対応を検討したい」と語った。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2514910 0 社会 2021/11/12 10:24:00 2021/11/12 10:24:00 2021/11/12 10:24:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/11/20211112-OYT1I50031-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)