「警察にロケット花火」の武勇伝で盛り上がり…男女6人、交番・パトカーに生卵投げる

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

神奈川県警察本部
神奈川県警察本部

 神奈川県警横須賀署と県警少年捜査課は12日、同署庁舎やパトカーに生卵を投げつけたとして、横須賀市と横浜市神奈川区の14~21歳の男女6人を威力業務妨害と公務執行妨害の容疑で横浜地検横須賀支部に書類送検した。

 発表によると、6人は8月7日未明、原付きバイクで移動しながら、同署衣笠駅前交番の窓ガラスと、横須賀市三春町の国道16号で信号待ちをしていたパトカーの右後部ドアにそれぞれ生卵1個、同署玄関に生卵8個を投げつけ、業務を妨害したり公務執行を妨害したりした疑い。

 6人は遊び仲間。唯一の成人で同市の無職男(21)が同署にロケット花火を打ち込み、生卵を投げつけたという“武勇伝”を話したところ盛り上がり、交番近くのスーパーで生卵を購入したという。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2517623 0 社会 2021/11/13 13:05:00 2021/11/13 14:36:21 2021/11/13 14:36:21 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/11/20211113-OYT1I50052-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)