遊具の14センチの隙間に首が挟まり、重体だった2歳男児が死亡

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 岡山市北区の認可保育園「第二さくら保育園」で10月、園庭の遊具の隙間に首が挟まり、重体となっていた男児(2)が15日、市内の病院で亡くなった。捜査関係者が取材に明らかにした。

男児の首が挟まった遊具の隙間を確認する岡山県警の捜査員(10月14日撮影)
男児の首が挟まった遊具の隙間を確認する岡山県警の捜査員(10月14日撮影)

 事故は10月14日午前に発生。滑り台やうんていが取り付けられた複合遊具の約14センチの隙間に男児の首が挟まり、ぐったりしているのを保育士が見つけた。県警が当時の管理体制を調べている。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2522446 0 社会 2021/11/15 21:07:00 2021/11/15 23:43:42 2021/11/15 23:43:42 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/11/20211115-OYT1I50087-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)