元ボクシング日本王者、大橋ジム会長に「雑魚どもを家族もろとも拷問かけながら殺させる」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 神奈川県警神奈川署は16日、元プロボクサーの無職保住直孝容疑者(46)(横浜市中区松影町)を脅迫容疑で逮捕した。

 発表では、保住容疑者は昨年10月~今年2月、大橋ボクシングジム(横浜市神奈川区)の大橋秀行会長(56)と50歳代の男性トレーナーに対し、「お前ら雑魚どもを家族もろとも拷問かけながら殺させるように仕向ける」などのメールを送りつけて脅した疑い。「メールは送ったが、脅迫はしていない」と供述しているという。

神奈川県警察本部
神奈川県警察本部

 保住容疑者は現役時代、東洋太平洋、日本の元ミドル級王者として活躍したが、2008年に公務執行妨害で有罪判決を受けてライセンス資格無期限停止処分を科され、その後も大麻所持で有罪判決を受けるなどしていた。

 神奈川署幹部によると、保住容疑者は先輩にあたる元世界王者の大橋会長に対し、10年ほど前から、似た内容のメールを送っていたといい、本数が増えた18年以降は記録に残っているだけで約800件に上っていた。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2523813 0 社会 2021/11/16 11:44:00 2021/11/17 08:56:11 2021/11/17 08:56:11 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/11/20211116-OYT1I50078-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)