2人の「翔平」つないだ命のバトン…1歳8か月の息子は母に抱かれ、この世を去った

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 米大リーグの大谷翔平選手(27)にあやかって命名され、心臓の難病で1歳8か月で亡くなった川崎翔平ちゃんの軌跡を描いた手記が今月、出版された。治療に耐えながらも渡航移植を果たせなかったことや、大谷選手との交流がつづられている。寄付で集まった渡航費は同じ難病を患う子ども2人の渡米に使われており、著者で母の静葉さん(36)は「命のバトンをつなぐことができた」と話している。(仲條賢太)

2つの人工心臓の「二刀流」

 翔平ちゃんは2017年6月、難病の「拡張型心筋症」を患って生まれ、「大谷選手のような丈夫な子に」という静葉さんと父の太志さん(33)の願いから命名された。病院で治療を続け、米国で心臓移植を受ける準備も進められたが、19年3月に亡くなった。

病院で大谷選手に抱かれた翔平ちゃん。普段は人見知りするが、泣かなかった=両親提供
病院で大谷選手に抱かれた翔平ちゃん。普段は人見知りするが、泣かなかった=両親提供

 手記には、闘病の様子が詳しく書かれている。生後6か月の頃に受けた補助人工心臓の装着手術では、心臓内に大きな血腫が生じ、体外式膜型人工肺「エクモ」を約1か月使用。血腫を取り除いたものの、機能していた右心室の働きも悪くなり、人工心臓を二つ装着せざるを得なくなった。

 体中に管をつけた翔平ちゃんは、もく浴や抱っこをしてあげることが難しく、静葉さんらは大谷選手の投打の二刀流にあやかって、「うちも人工心臓二つの二刀流やな。がんばって」と励まし続けた。

1

2

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2527375 0 社会 2021/11/17 15:00:00 2021/11/17 15:49:53 2021/11/17 15:49:53 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/11/20211117-OYT1I50050-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)