民家全焼2遺体、小学生の男児2人含む3人と連絡取れず…両親は外出中

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 19日午後11時50分頃、兵庫県稲美町岡の木造2階建て住宅から出火し、焼け跡で2人の遺体が見つかった。この家に住む小学生の男児2人と50歳代の伯父の計3人が行方不明になっており、県警加古川署は3人の安否確認と遺体の身元の特定を進めている。

全焼した住宅を調べる消防隊員ら(20日午前10時7分、兵庫県稲美町で、読売ヘリから)=長沖真未撮影
全焼した住宅を調べる消防隊員ら(20日午前10時7分、兵庫県稲美町で、読売ヘリから)=長沖真未撮影

 同署によると、この家には小学生の兄弟2人と両親、母親の兄の5人が暮らしていた。出火当時、母親は仕事で外出しており、父親は車で母親を迎えに行っていたという。

火災があった住宅(20日午前3時52分、兵庫県稲美町岡で)
火災があった住宅(20日午前3時52分、兵庫県稲美町岡で)

 火事に気づいて119番したという近くの女性(45)は「バケツで水をかけに行ったが、火の勢いが強く、どうしようもなかった」と話した。

 近所の住民によると、行方不明になっている兄弟は野球が好きで、休日には自宅前で仲良くキャッチボールをしていたという。

 地元自治会会長の辻元久一さん(72)は「出火後、兄弟の両親が戻ってきて、燃えている家に向かって『子どもたちはどこ』と泣き叫んでいるのを見た。いたたまれない気持ちだ」と話した。

 現場は、JR山陽線土山駅の北東約3キロの田畑や住宅が混在する地域。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2534893 0 社会 2021/11/20 08:00:00 2021/11/25 18:19:53 2021/11/25 18:19:53 燃えた住宅(稲美町で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/11/20211120-OYT1I50016-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)