警官100人賭博場突入 ベトナム人29人 容疑で逮捕

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

松戸・胴元と客

シャッターを破って賭博現場の捜索に入る県警の捜査員ら(21日午前2時10分、松戸市で)
シャッターを破って賭博現場の捜索に入る県警の捜査員ら(21日午前2時10分、松戸市で)

 千葉県松戸市の飲食店内で賭博をしていたとして、県警は21日、いずれもベトナム人の男計29人を常習賭博や単純賭博の容疑で現行犯逮捕した。賭博によるベトナム人同士の借金トラブルや誘拐・監禁事件が全国各地で相次いでおり、県警は、拠点の一つとなっていた違法賭博場の摘発に乗り出した。

 発表によると、常習賭博容疑で逮捕されたのは松戸市新松戸、ベトナム人の男(25)ら25~34歳の男5人。5人は店内で、茶わんにサイコロなどを入れ、丁半を予想する「ソックディア」と呼ばれるばくちを常習的にしていた疑い。5人とも短期滞在や学生ビザの在留資格を持っているという。

 捜査関係者によると、5人は胴元として賭博を取り仕切っていたとみられる。県警は、賭博開帳図利容疑でも調べる方針だ。

 現場はJR常磐線新松戸駅近くのベトナム料理店。昼は料理店として営業しているが、夜は賭博場に使われていた。

 21日午前2時過ぎ、県警の捜査員約100人がシャッターを破って店内に突入。5人のほかに、客として現場にいた20~30歳代の男24人を単純賭博容疑で逮捕した。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2538313 0 社会 2021/11/22 05:00:00 2021/11/22 05:00:00 2021/11/22 05:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/11/20211122-OYT1I50009-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)