辞職表明の木下都議、決断まで4か月余り「議員活動で結果出したかった」…免許取得は否定

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京都議選期間中の7月に人身事故を起こすなど、無免許運転を繰り返したとして、東京地検から道路交通法違反(無免許運転)で在宅起訴された木下富美子都議(55)が22日、都庁で記者会見を開いた。木下都議は「全ては過ちを犯した私の責任。支援者と話し、小池(百合子)知事の助言を踏まえて深く考え、議員の職を辞する決断をした」と述べ、同日夜、都議会の三宅茂樹議長に辞表を提出し、受理された。

 木下都議の事故は当選後に発覚。今年5~7月に計7回無免許で乗用車を運転していたとして、今月19日に在宅起訴されていた。

記者会見で辞職を表明し、頭を下げて陳謝する木下富美子都議(22日午後、東京都庁で)=菅野靖撮影
記者会見で辞職を表明し、頭を下げて陳謝する木下富美子都議(22日午後、東京都庁で)=菅野靖撮影

 記者会見で木下都議は「交通法規に対する順法精神が 弛緩しかん しており、申し訳なく思う」と陳謝。今後は運転免許を取得しないと表明した。事故をただちに公表しなかったことについては「警察の聴取に応じ、保険会社に連絡したことで、対応が済んだと思い込んでしまった。冷静な判断ができず、隠す意図はなかった」と釈明した。ただ、無免許運転を繰り返した動機などは「裁判に影響があるので、この場で説明できない」として答えなかった。

1

2

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2541612 0 社会 2021/11/23 00:01:00 2021/11/23 00:01:00 2021/11/23 00:01:00 記者会見で辞意を表明し、頭を下げて陳謝する木下富美子都議(22日午後6時9分、東京都庁で)=菅野靖撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/11/20211122-OYT1I50196-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)