富士急でまたトラブル、観覧車の扉全開のまま1周運行…係員が閉め忘れ

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 山梨県富士吉田市の遊園地「富士急ハイランド」は24日、客2人が乗った観覧車のゴンドラを、扉が開いたまま1周運行させるミスがあったと発表した。乗客にけがはなく、落下物もなかった。同園は、安全が確認されるまで観覧車を含む7施設を運休する。

高さ約50メートルの大観覧車「シャイニング・フラワー」(富士急ハイランド提供)
高さ約50メートルの大観覧車「シャイニング・フラワー」(富士急ハイランド提供)

 同園によると、24日午前9時55分頃、10歳代の女性2人がゴンドラ(定員4人)に乗り込んだ際、係員が扉を閉め忘れてその場を離れた。降車時に別の係員が気付くまで、扉は全開のままだったという。

 観覧車は高さ50メートルで、1周で約12分。乗車時には、係員がゴンドラの外側から扉を閉め、かんぬき状の部品で施錠する。未施錠の場合は警報が鳴る仕組みだったが、扉そのものが開いた状態は「想定外」で鳴らなかったとみられる。

扉を閉め忘れるミスがあったゴンドラ(富士急ハイランド提供)
扉を閉め忘れるミスがあったゴンドラ(富士急ハイランド提供)

 同園では、ジェットコースター「ド・ドドンパ」(運休中)の利用客が負傷するなど問題が相次いでおり、岩田大昌社長は記者会見で謝罪した上で、「安全管理体制の見直しと再発防止に全力を尽くしたい」と述べた。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2545195 0 社会 2021/11/24 20:54:00 2021/11/24 22:24:33 2021/11/24 22:24:33 扉を閉め忘れる事案のあった観覧車(富士急ハイランド提供) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/11/20211124-OYT1I50099-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)