中3男子刺殺、廊下に呼び出し「事前にネット購入」の包丁使用か…市教委「トラブル思い当たらず」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 24日午前8時頃、愛知県弥富市の市立中学校で、3年生の男子生徒(14)が、同学年の男子生徒(14)に腹部を包丁で刺された。刺された男子生徒は病院に搬送されたが、約2時間半後に出血性ショックで死亡した。駆けつけた警察官が男子生徒を殺人未遂容疑で現行犯逮捕。男子生徒は「やったことに間違いない」と容疑を認めており、県警は殺人容疑で調べている。

事件のあった中学校から下校する生徒ら(24日午後、愛知県弥富市で)=尾賀聡撮影
事件のあった中学校から下校する生徒ら(24日午後、愛知県弥富市で)=尾賀聡撮影

 県警や同市教育委員会によると、事件は、校舎2階にある3年生の教室の前の廊下で発生。2人は別のクラスで、当時は登校してきた生徒が1時間目の前に持ち物の整理などを行う時間帯だった。

 中学校では、生徒が自分のクラス以外の教室に入れない決まりになっており、県警は、男子生徒が刺された男子生徒を廊下に呼び出し、持っていた包丁で刺したとみている。包丁は刃渡り約20センチで、傷は内臓に達していた。

事件のあった中学校の保護者説明会に向かう父母ら(24日午後6時53分、愛知県弥富市で)=稲垣政則撮影
事件のあった中学校の保護者説明会に向かう父母ら(24日午後6時53分、愛知県弥富市で)=稲垣政則撮影

 捜査関係者によると、男子生徒は包丁について、「事前にネットで購入した」と話しているという。県警は、2人の間に何らかのトラブルがあったとみて調べている。

 男子生徒は刺された後、自力で教室に戻り、教室内にいた担任教諭から連絡を受けた別の教諭が通報。教諭らが他の生徒を避難させ、男子生徒の応急処置にあたった。刺した男子生徒は廊下にいたが、担任教諭に包丁を下ろすよう促されると暴れたり逃げたりすることはなく、駆けつけた警察官に逮捕された。

 事件を受け、市教委は午後2時過ぎから記者会見し、奥山巧教育長は「誠に悲しい事態になった。市民におわびし、ご遺族に心よりお悔やみ申し上げたい」と述べた。県にスクールカウンセラーの派遣を要請し、原因の究明に向けて弁護士や臨床心理士らによる第三者委員会を設置する方針を明らかにした。

1

2

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2545299 0 社会 2021/11/24 21:27:00 2021/11/25 08:57:32 2021/11/25 08:57:32 校内で刺殺事件があり、下校する生徒ら(24日午後1時57分、愛知県弥富市で)=尾賀聡撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/11/20211124-OYT1I50102-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)