読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「ネコ」と呼ばれる密売女、犬のぬいぐるみ「かわいい」と褒めた人にだけ…無人の民泊で薬物販売

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 奈良県警西和署などが大阪市で覚醒剤や大麻草など末端価格で2200万円以上の薬物を押収した事件で、大麻取締法違反(営利目的所持)などの疑いで逮捕、起訴された住居不定、無職の女らが、無人管理の民泊を利用して薬物を密売していたことが、捜査関係者への取材で分かった。女は「ネコ」と呼ばれる「密売人」で知られており、同署などは、この被告を中心に大規模な密売が営まれていたとみて調べている。

薬物とともに押収された犬のぬいぐるみ(手前)。被告が持ち歩いていた(奈良県警西和署で)
薬物とともに押収された犬のぬいぐるみ(手前)。被告が持ち歩いていた(奈良県警西和署で)

 西和署などは、7月30日に大阪市中央区の民泊として使われているマンションの一室で、女ら3人を見つけ、大麻取締法違反(営利目的所持)容疑や、覚醒剤取締法違反(使用)容疑で逮捕した(いずれも大麻取締法違反や覚醒剤取締法違反で起訴済み)。

 同署などによると、この民泊は無人で運営されており、ロビーに設置された機械に予約情報を入力するだけでチェックインできる仕組みになっていた。薬物の販売相手ら誰が出入りしても身元を確認されることがないため、捜査関係者は「無人の民泊が密売の温床になっていた可能性がある」とみている。

 逮捕時、民泊の室内では、ベッドや机、トイレなどで大量の覚醒剤や大麻草などが入った袋が散乱していた。着物姿で犬のぬいぐるみを持った女が落ち着いた様子で座っており、捜査員に「全部私のもんや」と話したという。

 女は取引の際、自身の犬のぬいぐるみを「かわいい」などと褒めることを条件に薬物の購入を認めていた。調べに対し、「(褒めることが)できない人には売らない」と供述しているといい、自らのルールを守れるかどうかで、販売相手の信用度を測っていた可能性があるという。

 西和署などは、女の関係先を調べるなどして、薬物の販売ルートなどの解明を進めている。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2546425 0 社会 2021/11/25 11:02:00 2021/11/25 14:13:22 2021/11/25 14:13:22 饗庭被告が持ち歩いていたぬいぐるみ(西和警察署で)=岡本与志紀撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/11/20211125-OYT1I50022-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)